東京スター銀行のカードローンとおまとめローン

ilm20_ae01017-s東京スター銀行は2001年創業、資本金260億円の比較的新しい銀行で、本店は東京都港区赤坂にあります。
東京スター銀行の個人向けのキャッシングは住宅ローン、のりかえローン・おまとめローン、カードローン、資産活用ローン、不妊治療のカードレスローンなど、用途に応じて使いやすく画期的なローンが揃っています。
なかでも幅広い人に対応していて、使いみち自由なキャッシングが繰り返し利用できるのが「スターカードローン」です。
利用条件は、満20歳以上65歳未満で、本人か配偶者に定期的な収入があり、東京スター銀行が指定する保証会社の保証が受けられる人。
パートやアルバイト、専業主婦、年金生活者、学生も利用可能です。
キャッシングできる借入限度額は10万円以上10万円単位で90万円までで、実際にキャッシングした時の金利は14.8%です。

他社からの借り替えとしても利用できるので、他社でこの金利より高い金利でキャッシングしている場合、返済額がお得になる可能性が高いです。
また東京スター銀行には、金利が年5.8%~14.8%の「スターワンバンクローン(おまとめローン)」や、金利が年7.8%~9.8%の「スターワンバンクローン(のりかえローン)」もあります。

ユニーファイナンスの遅延損害金を知っておく

消費者金融ユニーファイナンスには返済が遅れた場合に適用される遅延損害金があります。

これは申し込みをするときに見落としがちなので、しっかりと確認しておく必要があります。
基本的には債務の不履行にならなければ発生しません。

そのため、消費者金融ユニーファイナンスから融資を受けて、しっかりと返済をすれば気にすることが無いものです。
しかし、返済日を間違えてしまった場合や、返済することが難しくなってきたとき、とても重要な項目になってくるので、しっかりと遅延損害金について知っておかなければなりません。

消費者金融ユニーファイナンスの遅延損害金は20.0%になっています。
これは、消費者金融ユニーファイナンスの全商品において共通して20.0%に設定されています。
公式サイト等では20.0%以下と記載されています。
そのため、もし遅延損害金が発生したときは20.0%までの利率が適用されると思っておけば良いです。
当然ですが、いつもの返済よりも負担はとても大きくなってきます。
そのため、消費者金融ユニーファイナンスの返済をするとき、自分の返済額や返済日についてはしっかりと把握しておき、返済が遅れないように注意をすると良いです。

男性30代派遣社員Y.U.さんのキャッシング体験談

学生時代には、自分でプランを作っていろんな所を旅して廻りました。
当時はお金の余裕も無く、本当に放浪と言ってもいいような旅でしたが、
それはそれで楽しかったと思っています。
工夫をしながら続けた旅の体験や、
困った時に助けてくれた人たちのことなど、
とても良い思い出として私の記憶に残っています。
それから10年以上の時を経て、
またもや放浪癖が顔をのぞかせてきました。

派遣社員の特権を生かし、海外に放浪の旅に出たのです。
学生時代とは異なり、いくらかの蓄えはありましたので、
ヨーロッパの田舎巡りへと意気揚々と旅立ちました。
宿泊は極力安いホテルを利用し、移動もバスや安いランクの鉄道を使って、
快適に旅を楽しんでいました。
ところが、飲食代などに費用を使ってしまったのでしょう。
さすがに学生の時より、食を楽しむ習慣が身についてしまっていたので、
その土地のおいしい物を味わうための出費がかさみ、
旅行資金が不安になってきたのです。

せっかくの旅ですから、
このスタンスは壊さずにを続けることにしました。
こういうこともあろうかと思い、
出国前に銀行でキャッシングカードを作っておいたのですが、
今こそキャッシングカードが役立つ時を迎えたのです。
規模の大きな町に着くと、銀行を探してキャッシングしました。
そのおかげで、今まで以上に有意義な旅ができたと、
大いに満足しています。

キャッシングの返済の遅延について

キャッシングでお金を借りたときには、必ず期日までに返済をしなければならないといわれることがあります。
もちろんですが、少しくらい遅れたからといってその後は利用できなくなるというわけではありませんが、やはり遅れるべきではありません。

遅れることによっていろいろなデメリットがあるからです。
キャッシングの返済が遅れた場合には、遅延損害金が請求されます。
これは、返済が遅れたことによってキャッシング会社の受ける損害を埋め合わせるためのものです。
とはいっても、実際にどれくらいの損害が発生しているのかを正確に把握することは難しいでしょう。

そのために、契約の時点でこれを定めています。
これを遅延損害金と呼ぶのですが、具体的には金利が上昇し、それによって発生した利息で支払っていくことになります。
遅延損害金を計算するための金利は通常の金利よりも高いですから、返済額が多くなると考えておくべきでしょう。
キャッシング会社によってこの金利は異なっているのですが、どの場合でも通常より高くなっています。
ただでさえ返済ができなくて困っているときに、さらに返済金額が増えてしまうということになれば、キャッシング会社への返済が不可能になる場合もあると思いますから、できることなら返済が遅れないような借り入れを行うべきです。

百十四銀行ならATMからも随時返済できます。

百十四銀行の114ニューカードローンの返済方法は毎月8日に返済口座から自動引落としの定期の返済となっていて、114ニューカードローンの前月の8日現在の貸越残高が1万円未満の場合は、定例返済額は前月の8日現在貸越残高で、以降は前月の8日現在の貸越残高が1万円超30万円以下の場合で定例返済額が10,000円となり、30万円超200万円以下の場合で定例返済額が20,000円となり、200万円超300万円以下の場合で定例返済額が40,000円となり、300万円超400万円以下の場合で定例返済額が50,000円となり、400万円超500万円以下の場合で定例返済額が60,000円となっています。
百十四銀行の114ニューカードローンは、毎月の定例の返済方法の他に、ATMなどでも任意の金額を随時返済することも可能です。
百十四銀行のATMは香川県内では、たいへん多く設置されていますので、114ニューカードローンで借りたお金を早く返してしまいたい時は、ATMを利用する返済方法で、114ニューカードローンで借りたお金を、こまめに返済していきましょう。
そのためには、アルバイトなどで臨時収入が入ってきた時などには無駄遣いをやめて、返済に充てるようにしなければなりません。
mony001-s

消費者金融で詐欺に遭わないために

みなさんは、どうしてもお金が必要というとき、
どのような手段で借入を行っているのでしょうか。
信頼できる業者を選んで借入をなさっていますか?
中には、消費者金融の大手や銀行などの金融機関では条件が合わず、
借入ができない人を狙う業者がいます。

法定外の高金利を請求したり、強引な勧誘、
根拠のない金銭を要求してくる業者もいたりします。
また、貸金業法の改正により総量規制が導入され、
消費者金融では年収の3分の1以上の貸付ができなくなっていますが、
これに伴い、制限以上の貸付ができるなどと騙して、
高利な金銭の貸付を行う業者なども増えてきています。

消費者金融として正式な登録
得ながら不正行為を働く業者は基本的には考えられず、
多くは無登録なのに、正式な消費者金融と偽って
営業しているケースがほとんどです。

さらに、年齢条件の合わない高齢者や、
収入がないために借りにくくなっている専業主婦、
経済的な知識に乏しい学生など、弱い立場にある人を
ターゲット
にしてくる業者もいます。

こうした詐欺的な悪質業者に騙されないようにするには
どうしたらいいのでしょうか?
ここでは、悪質な業者から騙されないためのポイントや
悪質業者の見分け方、悪質業者の手口について
みていきたいと思います。

安定しない雇用は断られる

前述したように、おまとめローンの審査基準で最も信用度が高いのは公務員、
次いでサラリーマン、そして自営業者
という順番です。
それよりもさらに信用が低い雇用形態としてあるのが、
アルバイトやパート、そして主婦があります。
前述した総量規制の中で、年収の3分の1までしか借入ができない、とありました。
その基準に照らせば、収入のない主婦は借入が全くできないということになります。

しかし、例外のない規則はありません。
主婦の場合は、例外となっているのです。

専業主婦の場合は、その配偶者の収入を自分の収入とみなすことができるのです。
つまり、配偶者の収入が600万円だとすると、
200万円は借入ができるということになります。
だからと言って、おまとめローンもそうかというと、それはまた話が別です。

おまとめローンの場合、通常の借入よりも審査は厳しくなる傾向にあります。
通常の借入では大丈夫だった主婦やアルバイトの場合でも、
一本化に際しては断られることが多いです。
やはりそれは、収入が安定していないということがあります。
主婦の場合は、配偶者の収入が安定しているではないか、
という指摘もありそうですが、そうではありません。
そもそも、銀行系の一本化の場合には、
最初から主婦やアルバイト、パートの申し込みを受け付けていないのです。
つまり、審査さえしてもらえないということです。
雇用は安定していることが求められますよね。

ilm17_ca07019-s

銀行系おまとめローンと消費者金融系おまとめローン

おまとめローンといわれるものには銀行系があつかっているもの以外でも消費者金融や信販系のクレジット会社があつかっているものもあります。
一見同じようにみえるのですが、銀行系があつかっているおまとめローンは借り入れの一本化のためのローンなのにたいして、消費者金融系のものはフリーローンといわれるものが多いです。
この違いは銀行系の場合は借入れの総額を申告して銀行がこれを肩代わりをしてもらったうえでの返済というようになるのですが、フリーローンの場合は使用目的がなんでもいい自由なローンとなっています。
 この二つの間では、それほど大きなちがいがないようにも思われますが、フリーローンの場合は借入れの一本化以外の目的でも利用が可能というところが違います。

複数の借入れをまとめてしまうローンの目的とはちがったことにも使えてしまうので、ある意味では融通のきくローンといえるかもしれませんが、その分金利などは高めに設定されているので、注意が必要です。
 借りやすさといったような点では消費者金融系の方が借りやすいといったようなこともあり、保証人や担保が必要ないといったような場合もあるのですが、その半面金利は高くなっているといえます。

お金が借り易い銀行

銀行でお金が借り易い銀行
というのは、
大手の都市銀行や地方銀行ではなくて信金だと言われています。

これは信金の特徴によるところが大きいです。
信金は普通の銀行より中小零細企業や個人自業主を相手にしているからです。
こういった信金は街に密着しているので親身になって相談にのってくれる傾向があります。

さらにその信金に口座を持って給料の引き落とし口座にしたり、
公共料金をそこで引き落としするようにすれば、
さらに信用が高まってお金が借り易い銀行になります。

銀行は顧客にポイントを付けていて、
顧客のお金の動きをチェックしています。
信用度が高まれば、
実際にお金を借りる段階でお金が非常に借りやすくなります。

実際には直接銀行から借りるのではなくて、
大手銀行系に属するカードローンが最もお金が借りやすい銀行
ということが出来ます。

積立定期なんかすると信用が高まります。
また銀行で学資保険に入るのも信用度が高まることになり、
いざというときのお金が非常に借りやすいといわれています。
俗にいうメインバンク
という言葉ですが、
一つの銀行と深く付き合って信用度を高めていけばいいわけです。
困って借りる場合は、
銀行系のカードローンで相談をして借りるのがいいです。

業界トップクラスの低金利のオリックスのカード

消費者金融各社が華々しく社会に躍進し、ilm01_ba03021-s
テレビCMも大々的に放映されて、
陰のイメージから陽の明るく軽いイメージになり、
全国に店舗展開をする大手が増える中でオリックス・クレジット
だけは、
インターネット展開のみで顧客を得てきたということは有名です。

今の世の中インターネットに店を開く
という業界は、銀行を始め金融機関でも珍しくはなくなってきて
いますが、
そのネットを上手に利用し、
借りやすく返しやすいローン商品を作り出した実績がある
オリックスは、
今でも他とは異色の存在で目立っていると思います。
業界トップクラスの低金利を維持し続けているのは、
1900年代後半からネットローンを築き上げることに努めてきた
オリックスの礎石作りがなせる技であり、
他の追随を許さない大きな力を感じます。

ネットに店を構築することで、人件費を省いたり
ダイレクトに客とつながり合ったり
という互いに利益がある手段は、
今ではどのクレジット会社もしております。
そして、家からの申し込み、簡単審査や低金利、スピード融資、
コンビニを含めたATM利用など、
どこの金融機関のホームページにも同じ内容のサービスが大々的に
魅力的にアピールしてあります。

ネットのみのビジネス展開をするオリックスは、そんなに華やか
でもなく、
ローン比較でも1位にならないのに、
利用体験者がどこよりも高い評価をしているのは、
低金利や審査に通りやすいということだけではないということ
なのです。